クレジットカードのポイント制

80年代にお買い物をスーパーなどでするとブルーチップといった切手みたいものを
シートに貼って、枚数がたまると景品と交換できる仕組みがありました。
2000年以降ではコンピューターの進化により、お買い物をすると、
ポイントがデータ端末に蓄積していく流れとなっています。
アナログ的な作業と今は違って簡単におまけ感覚でポイントを
取得して、デジタル的に交換できるポイントを貯めることができます。
例えば、スターバックスのコーヒー豆¥500分のカードなるものがあり、
普段利用したことがない人でも、気軽にポイントで交換して、はじめてお店に
足を運ぶこともままあります。

つまりポイント制の利点は使える範囲が選べるところにあります。
以前は単純なカード使用で終わっていましたが、現在ではおまけ的な意味で
お得な気分を味わえる時代になっています。

AX